人のプライベートな事情に口を挟んでくる友人

家庭の事情に対して、あれこれ詮索されたり意見を押し付けられたりする時です。
具体的には、例えばあまり他人に言えないような個人的な事情により、やむをえず退職して専業主婦を続けているときに、「何で働かないの?暇でしょ?働いた方がいいよ!」などと会うたびに一方的に言ってきたり、また他の家庭についても、「あの家はなんであんなことしてるんだろう。全然理解できない」と陰口をたたいているのを聞いていたりすると、距離を置きたくなります。「よそはよそ、うちはうち」という考えが全くなく、自分の考えこそが正しいと思い込んでいるその友人を目にしていると、「今後もこの人と付き合っていると、何から何まで口出しされそうだ」とうんざりしてしまうからです。
また、何よりいらいらするのは、その友人自身が同じ境遇に立っていないにもかかわらず、さもわかったような態度でそういった発言をすることです。独身で子供もいないのに、夫婦事情や子供事情に対して偉そうな口を叩いている様子は理解に苦しみます。それぞれの立場になってみて初めてわかること・感じることというものが世の中にはたくさんあるのに、そういったものを理解しようとすることは一切せず、最初から批判的なスタンスで意見を言い始めます。
表面的にはただの口うるさいお節介な人、で済むかもしれませんが、言われる方からしたら思いやりのない自分勝手な人です。一緒にいてもストレスがたまるだけなので、距離を置きたくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です